イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

身体機能が衰える棒人間

棒人間

LINEで送る
Pocket

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

 

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

 

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

 

 

先日の記事で

「怪我をする棒人間」の記事に対して

 

怪我する、負傷する、傷つく棒人間

 

 

 

「こんなのが描きたかった!」

という感想やコメントを

たくさんいただきましたので

 

 

 

今日もちょっと

ネガティブな棒人間でw

 

 

健康食品の通販広告や

TVショッピングでよく目にする

 

身体機能が

衰えている状態を

 

描いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 身体機能が衰える棒人間7選

 

 

 

① 立ち仕事がつらい

 

 

お仕事や家事などで

長い時間立ち続けることが

辛くなると

 

 

膝の上に片手をついて

上体を支えながら

 

もう片方の手で

腰を押さえて

身体のバランスを

保とうとする姿勢になります。

 

 

 

 

 

 

② 立ち上がるときよろける

 

 

①の姿勢を少しアレンジしました。

 

片膝に両手をついて

上体を支える姿勢にすることで

 

 

重心がかなり傾きます。

 

 

さらにもう片方の足を

少し外に出すことで

 

身体の軸が定まらず

“よろけた”ような状態が描けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

③ つい何かにつかまってしまう

 

 

テーブルや棚の縁や

廊下の手すりに

 

思わず身を委ねる状態

 

「手前の腕」は、

体の真ん中から描くことで

 

肩が落ち力なく縁に

手を添えているような

弱弱しい雰囲気に仕上がります。

 

 

 

 

 

 

 

④ 歩くとふらつく

 

 

 

身体をだらしなく

開いた状態で

 

若干、自分の身体が

制御不能な雰囲気にしてみました。

 

「おっとっと!」という

仕草としても使えます。

 

 

 

 

 

 

 

⑤ つまづく

 

 

何でもない所で、

つま先を引っかけて

転倒する直前の様子。

 

 

つま先のところに

一本線を引くだけで

“何らかの障害物”が

存在し

 

つまづきの状態が

分かりやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

⑥ 階段がこわい

 

 

 

階段は立体的に描く方が

“絵的”にはより詳しく

表現できますが

 

 

今回は分かりやすく伝える

という点を優先し

 

 

あえて平面的に

2次元表現にしてみましたが、

 

 

ちゃんと見えますね!

 

 

 

 

 

 

⑦ 歩きが遅くなる

 

 

 

 

「遅い」というビジュアル表現は

 

比較対象がある方が

分かりやすく伝える事ができます。

 

 

なので、

「何と比べて、遅いと感じるのか?」

 

という事で

 

手前に元気に駆け出すような

子ども棒人間を描き

 

大人棒人間が子どもに

“遅れをとっている”状態を

描くことで

 

 

「遅さ」が表現されます!

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

 

 

イラスト講座には

医療や介護関係のお仕事に

携わる方も沢山

 

お越しくださいます。

 

 

 

高齢者のお悩みや

お困り事のイメージとして

活用いただければと

思いますし。

 

 

 

 

 

「最近、体力落ちてきたなー・・・たらーっ (汗)

「身体が動かなくなってきなー・・・あせあせ (飛び散る汗)

 

って感じ始めている方は

 

この棒人間を描きながら

身体機能を高める習慣に

目を向けていただけると幸いです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss