イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

高齢者の元気づくりと棒人間

LINEで送る
Pocket

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

 

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

 

 

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

 

 世代を選ばない、棒人間の楽しみ方

 

 

母が、私のマネして

棒人間を描くようになって

楽しんでいます。

 

 

 

 

 

イラスト講座の受講者さんが

 

復習や練習、

お仕事に活用するために

 

棒人間を描いていると

 

 

その様子を

ご高齢のお母様がご覧になられて

 

 

 

 

「これだったら私も描いてみたい!」

 

 

といって

母娘で一緒に描いて

棒人間を楽しんでいただいている!

 

 

 

なんていうお話が

最近はよく届くようになっています。

 

 

 

 

先日も、

 

ハガキに〇をうまく描くために

 

目から鱗のノウハウを

閃いたお母さんの

お話をさせていただきました。

 

83歳が描かれた“棒人間年賀状”が凄い!

 

カンタンな線と形の組み合わせ

誰でもかわいく描ける「棒人間」

 

 

 

「自分にも描けた!」という

達成感や喜びを感じていただいたり、

 

自分の描いた

棒人間の表情や仕草に共感して

心が和んだり、癒されたり、

 

 

さらには

 

それを他の人にも見てもらいたい!
共有したい!

 

 

世代を問わずに楽しんでいただき

前向きな気持ちになっていただけるのは

本当に嬉しいです^^

 

 

 

 

 

91歳のそばにも棒人間

 

 

このブログでも何度かご紹介している

 

 

イラスト講座受講者さんで

講師仲間のグレイス加代さんの

 

お母様@きみこママ

 

 

 

 

御年91歳!!

 

“棒人間歴”はなんと2年を

迎えられようとしております!

 

 

 

この写真は、

昨年の6月にFacebookライブで

きみこママが描かれた棒人間を

披露していただいたものですが

 

 

 

 

 

 

日常の行動やリハビリが

つらかったりして

気持ちが沈みがちになりそうなときには

棒人間を描いて、

気持ちを整えられています^^

 

 

 

2年近く棒人間を

楽しんでくださってるので

 

 

顔のパーツを組み合わせて

いろんなシチュエーションを

描き分けるってのは

もうお手の物です!ぴかぴか (新しい)

 

 

 

 

 

そんなお母様

 

 

年明けにアクシデントに見舞われて

しばらく入院されていたそうです。

 

 

 

コロナ禍の入院生活で

いろいろ不安や心配がつのる中

 

ご本人とご家族を

繋いでいたのが・・・

 

 

 

 

 

 

棒人間日記

 

 

 

表紙のイラストなどは

グレイス加代さんの作ですが

 

 

日々のイイこと探しや好きな事を描くことで

前向きな気持ちになってもらいたい

という想いが込められており

 

 

お母様も日々の想いを

綴られたようですね猫2

 

 

スケッチブックで

大きく描けるというのは

ナイスアイデアですね!!

 

 

 

 

 

 

 

いつも傍には棒人間たちが

一日も早い回復を

見守っていたようです。

 

 

 

 

 

 

そして先日

 

 

お母様は無事退院をされて

SNSでも元気なお姿を

拝見することが出来ました。

 

 

 

まぁ、やはり日々の中では

ちょっと気持ちが沈みがちになられる

こともあるようですがあせあせ (飛び散る汗)

 

 

折に触れては、棒人間を描いて

楽しんでくださっているようで

嬉しく思います。

 

 

 

 

 

退院後間もないのに、
グレイス加代さんのFacebookライブにも
ご出演されて、
観ているコチラも元気になります^^

 

 

またこれからも元気なお姿と

ユーモアいっぱいの棒人間イラスト

楽しみにしていますよ!^^

 

 

 

 

 

線と形のカンタンな組み合わせで

手を動かしながら

 

気持ちやイメージを頭の中で

グルグルと巡らせて

描いていく「棒人間」

 

 

 

 

 

棒人間で元気づくりの“場”を生み出したい!

介護をされていたり

介護事業に関わる方からは

 

 

年を重ねると

言葉を話す、文字を描くなど

今まで普通にできていたことが

難しくなってきて

 

それが本人の心持ちにも

ネガティブな影響を

及ぼしてくる・・・

 

 

 

なんていうお話を聴きます。

 

 

 

 

棒人間のイラストは

年齢問わずに誰でも

 

新しく

身につけられる

表現方法

 

 

と捉えていただけると

 

 

 

描く楽しさの中に

何歳になっても

 

 

「達成感」や「自己成長」

感じていただける

 

 

高齢者の元気づくりの

“場”を生み出す

 

 

きっかけに

なるんじゃないかと考えています。

 

 

 

 

こうした“お母様エピソード”に

ふれるたびに

もっと多くの方に知っていただきたいと

想いはどんどん膨らんでいきますね~

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss