イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

Withコロナの観光業を救う、バーチャルツアーと手描きイラストの力!

LINEで送る
Pocket

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

そうだ京都行こう!

暖かな春の日差し、

新緑が芽生える季節、

 

ゴールデンウィークは

もう目前!というところで

一年以上も続く

新型コロナウイルス対策も

効果を持続させられず、

 

変異株を含め

またまた感染拡大が深刻となり

 

 

まん坊(まん延防止等重点措置)から

三度目の緊急事態宣言

見通しとなってきました。

 

 

外食・レジャー・観光の

自粛が強く求められてます。

 

 

業界関係者の方も

本当苦難続きで大変だと思います。

 

 

そんな中で

 

 

観光業の“希望の灯”ともいえる

 

バーチャルツアー

参加してきました!

 

 

行先は 京都

 

大河ドラマ「青天を衝け」も

いよいよ徳川家茂や慶喜も上洛して

京都が舞台となって

歴史が動ききますからね~

 

 

 

先日開催された

セミコングランプリ2021

 

 

見事優勝された

通訳ガイドの安藤美直子さんから
バーチャルツアーの魅力教えていただき

 

 

ぜひ体験してみたい!

と思っての参加でもあります。

 

 

 

 

コロナ禍により、
国内外の旅行者は激減
去年も、今年も、
旅行に行きたくても行けないたらーっ (汗)

 

そんな人が沢山いる中で

 

安藤さんたちが展開する

 

通訳ガイドチーム

 

では、

リアルツアーから

バーチャルツアーに切り替えて

 

国内・海外のお客様を迎えて
日本を案内されています

 

 

 

移動しなくても

自宅で旅行気分が
味わえる!

 

 

素晴らしい活動ですね!

 

 

ただ、ちょっと正直いうと

はじめはですね、、、

TVやYoutubeとかでやってる
旅番組や観光動画を
観るのと

そんなに変わらないんじゃないかな?

なんて、思っておりましたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

全然、違いますね!

 

 

 

 

Zoomでのオンラインという

双方向性のある

コミュニケーションのおかげで

 

 

 

ただ一方的にインフォメーションを

聴いているのではなく

 

ガイドさんと参加者の

掛け合いがあったり、

クイズやゲームがあったり

生の食レポがあったり

 

 

人間味や温かさを感じながら

名所を巡ることができます。

 

 

 

さらにはその場所の

ガイドブックにはない

由緒だったりエピソードだったり

 

現地を愛するガイドさん

だからこそ聞けるお話は

 

見聞も広がるし、

愛着も湧いてきます。

 

 

 

お金を使って作られた

華美な映像や音響による

イメージ動画よりも

 

 

手作りのおもてなしの方が

観る人の心を

動かすことも多いですね。

 

 

 

あまりにも楽しくて・・・・

 

八坂神社あたりで何かに取り憑かれw

メインガイド務められた、Akieさん

描いてしまいまいましたw

 

 

ささやかながら、

素敵なガイドへのお礼の
意味も込めてわーい (嬉しい顔)

 

 

 

バーチャルで、あえての“手作り感”で場を和ませる
バーチャルツアーなど
はじめましての方々が

 

各地から集まってくるような
オンラインの空間では

 

 

短時間で、

 

お互いの緊張感をほぐしたり
場を和ませる工夫が
必要になってきます。

 

 

話術が得意な方は

 

冒頭で「笑い」を取って
一気に巻き込むことも
可能だと思いますが、

 

 

世の中、
笑いを取れる人ばかりじゃないし

 

 

人によって笑いのツボが
違ったりすると

 

一部の人は面白いと感じても
同時に不快に感じる人が出たりする
リスクもあります。

 

 

 

膨大な場数を踏んで
タレントさんや司会業の方のような
レベルのスキル身に付けないと

 

話術だけで
場を盛り上げていくというのは
相当難しいといえます・・・

 

 

 

だからこそ

 

話術に頼らずとも

 

がんばって話さなくても、

 

手描きで伝えるという
工夫だけで

 

話す方には、
“多くをしゃべらなくていい”
という安心感

 

受け取る方には、
分かりやすさ

 

目を引く面白さ
が生まれて

 

 

場が和みます。

今回のツアーでも
スケッチブックと棒人間が大活躍!

 

 

 

実は安藤さんも
イラスト講座の受講者さん

 

1年前にバーチャルツアーを
始めるという事で

 

現地にいないのに
“どうやって魅力を伝えるか?”
という事に悩まれて

 

 

オンラインで
話すのなんて無理!!

 

なんて思われていたそうです。

 

 

ですが、今では

 

イラストを使ったスケッチブックを
場づくりに活かされて

 

この1年間で80回以上
バーチャルツアーを
展開されているそうです!

 

 

 

以前、安藤さんから
こんなメッセージをいただきました。

 

イラストがなかったときは
自分のプレゼンが、
ちょっとショボいなぁ…
と思っちゃてたんですが。。。

手描きのイラストの
チカラはすごいですね!

イラストが
ちょっとあるだけで

雰囲気が和らぎますし、
皆さんの表情も和らぐ気がして
安心して自信をもって
お伝えできるんです!

 

ありがとうございますぴかぴか (新しい)

 

 

まだまだ先行き不透明で
観光業界も厳しい状況は続きますが

 

手作り感溢れる、
温かいバーチャルツアーが
日本の観光を照らす光となって
多くの方を楽しませていだき

 

ますます活動が広がっていく事を
願っております!!

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss