イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

「画像検索」で選ばれる!

LINEで送る
Pocket

 

 

 

このブログは

 

これまでにイラスト講座の

受講者さんをフォローするために

描くことが多いのですが、

 

 

中には

Google検索でこのブログを

見つけていただき

 

その後、

 

ご新規でイラスト講座に

参加してくださる方とお会いできる

機会も創ってくれているので

 

ありがたいです。

 

 

 

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

検索でたどり着いてくださった方に

 

どういう“検索の仕方”で

見つけてくれたのか?

 

をお聴きすると

 

いろんなニーズが拾えて

ブログの描き方や

見せ方のヒントに繋がってきます^^

 

 

 

 

 

 

 新規受講者さんいらっしゃい!棒人間<初級>

 

 

 

月イチ開催の
「棒人間の描き方講座<初級編>」

 

おかげさまで満席御礼で
9月のスタートを切ることができました!

 

 

満席になったのは半年ぶりですね!

ありがとうございます。

 

 

 

今回の受講者さんは全員、
“人に寄り添う”お仕事を
専門にされている方ばかりで

棒人間の感情表現が
これからのお仕事にお役に立てて
いただけたら嬉しいです^^

 

 

 

<<<<<受講者さんの感想>>>>>

 

 

楽しかったです!

「才能とセンスはいらない」
「イラストは線と形の組み合わせ」

 

とマインドセットしてくれたので

安心して取り組めました。

 

先生がサインペンを画面越しに見せてくれたので
私はもともと用意していたペンでなく、

似たようなサインペンに変更してみようと思いました。
それが大正解だったと思います。

太くて紙と少し摩擦を感じながら書くと

ゆっくり丁寧に
線を描くことができました。

 

受講前は「絵が下手で~」が口癖でしたが、

受講後は自信をもって書ける未来が見えました♪

ほんとにちょっとの長さやバランスで

表情や表現が変わるのでもっと書き込んで練習します。

 

今後も、中級、キャラ描き、スケッチブック、

イラストプレゼンなど受けてたいです。

 

( 金井志江さん / サロン経営)

 

最初は、本当に絵心ないけど大丈夫かなと思っていました。

でも、スモールステップで、練習もこの場で出来て、
しかも楽しかったです。

 

簡単ですが、もっといろんな表情や動きをまねたいです。

 

絵を描いているというより、
幾何学図形を組み合わせているという感じなので、

男性あるいは感性豊かやセンスなどの
感覚が苦手な人でもいける気がします。

 

いろんな可能性を感じました。

 

( 吉里恒昭さん / 臨床心理士)

 


 

 

 

 「画像」を検索してたら出会いました!

 

今回の受講者さんの中で

お一人「Google検索」で、

このブログを見つけてくれた方が

参加されたいたのですが、

 

 

 

経緯をお聴きすると、

 

 

自分のお仕事で

 

難しい事や言葉だけでは

伝えにくいことを

絵やイラストを使って

話ができるようにしたい

 

ということで

 

我流でイラストを

描かれていたそうです。

 

 

 

ただ、

自分だけでは“限界”を感じられて

Googleでイラストを探そうと

 

 

 

 

 

「棒人間」

 

 

のキーワードで

画像タブ検索されたそうです。

 

 

 

 

 

そうしたらイロイロ

棒人間のイラストが出てきた中で

 

僕の描いた「棒人間」が

目が止まったそうです。

 

 

 

へ~?!と思って

実際どう表示されるかな?

 

実際にGoogleのシークレットウインドウを使って

「棒人間 画像」で検索したところ、

 

 

 

 

こんな感じで表示されました。

決して僕の描いた棒人間が

スッゲー出てきたわけじゃないのですが冷や汗 (顔)

 

 

 

わりとすぐに目に止まる

所には表示されるそうです。

 

 

それをご覧になられて

 

いろんな棒人間が出てきた中で

河尻さんの描いた棒人間が
一番動いて見えて

「この人のスゴイ!ぴかぴか (新しい)
 なんか気になる!!ハートたち (複数ハート)

って思って画像から
ブログを開いて

すぐに講座申込させていただきました!

とのこと!!!

 

 

いやーーーネット上に数多溢れる

棒人間画像の中で

 

僕の“テイスト”に共感していただけて

本当に嬉しいですね!!!

 

 

 

単純に「棒人間」の

一個のキーワードでの画像検索だと

競合激しいのですが

 

 

 

「棒人間 ポーズ」

「棒人間 イラスト」

「棒人間 描き方」

 

 

など2語で検索してもらうと

結構、このブログの棒人間たちが登場してきます。

さらに

 

 

「棒人間 歩く 描き方」

 

 

で検索してもらうと

 

 

 

かなり上位の占有率が高いです!!!

 

 

 

「歩く棒人間描き方」という記事が

今年一番アクセス数が多く、

読まれているというのも納得です。

 

 

 

 

 

画像で検索されることを考えてみよう!

 

僕のコンテンツは

「棒人間」「イラスト」といったものなので

 

画像を発信の武器としているのは

必然ではありますが、

 

 

 

コレは一般の方でも

情報発信において活用してもらいたい

アウトプットの技術です。

 

 

 

 

自分の発信する

知識・情報・スキル・ノウハウを

 

画像で表現する

 

 

って事は

 

情報過多な時代の中で

独自性を見出して、頭一つ抜け出す、

秘策となります。

 

 

理想の顧客やユーザーが

協力者や関係者が

 

あなたが取り扱う商品やサービス、

事業テーマに関して

もっと分かりやすく知りたくて

 

テキスト文章ではなく

ビジュアル的な情報で

 

「〇〇〇 イラスト」

「〇〇〇 図解」

「〇〇〇 画像」

 

 

ってな感じで、

検索している可能性は

ゼロではないと思います。

 

 

 

そこに目に止まるような画像で

自分の発信している情報がヒットしていれば

クリックして開いてもらう

確率は非常に高いです。

 

 

 

 

でも、

 

ホームページやブログに

抽象的なフリー素材、イメージ画像

ばかり使っていても、

 

それで検索されることは

無いですよね・・・

 

 

 

 

いや~、そう事言われてもね

ウチの扱ってるものは、
絵とかイラストで表現できるもの
じゃないんですよ~

なんて感じてる方も

いらっしゃると思いますが、

 

本当にそうでしょうか?

 

自社の価値、自分の価値を

言葉とイメージの合わせ技で

伝えていくチャレンジの余地は

まだまだ広がっています。

 

 

 

そんな方にこそ

イラストプレゼンのスキルを

体験してもらいたいなと

強く感じます。

 

 

 

相手に伝わりやすい

言葉を磨いて発信して行くことは

とても大切ですが

 

 

画像(イメージ)で注目される技術

画像(イメージ)で選ばれる技術

 

 

を身につけたら、

あなたの情報がたくさんの方に

キャッチしてもらえるようになりますよ!!

 

 

 

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss