イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

イラスト描いても、周りの反応が薄かったら・・・

LINEで送る
Pocket

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

 

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

 

 

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

 

 イラスト描いても反応がない?!

 

職場で棒人間やイラストを
描いているんですけど・・・
見せても、周りの人の反応が
ほとんど無いんです。。。

 

イラストプレゼンマスター講座の

受講者さんから

 

こんなお悩みを伺うことがあります。

 

 

 

 

プレゼンやコミュニケーションで

棒人間や手描きのイラストを取り入れると

 

はじめは、周りの人は

真新しさもあって

 

「面白い!」「すごい!」「かわいい!」なんて

確実に反応してもらえます。

 

 

ですが、

 

 

 

しばらく続けていると

だんだん慣れてきて

 

まわりの反応が薄くなる・・・

 

 

 

 

 

 

なんてことはよくあります。

 

 

 

 

描く方、描かない方に関係なく

 

なんとなく

 

 

★イラストがあると

 注目してもらえる!

 

★可愛いイラストが

 あると場が和む!

 

★イラストは楽しい!

 

 

 

という感覚的な認識

みんな持ってると思います。

 

 

 

 

だけど

せっかくイラストを描いても

そういう事が感じられなくなると

 

不安になったり

自信がなくなったりしかねません。

 

 

 

 

イラストが描けると

 

 

 

 

「凄いね!」「上手ですね!」

「面白い!」「素敵!」「可愛い!」

「思わず見ちゃいますね!」

「分かりやすい!」

 

といった、

 

周囲の喜び感謝

 

あるいは自分に対して

賞賛お褒めの声

誰にでも、起こります!

 

 

 

絵を使ってコミュニケーションを

とれるようになりたいという方には

 

まずこの周囲の反応を

体感してもらいたいと想って

いろんなノウハウをお伝えしています!

 

褒められたら、楽しんでもらえたら

気持ちイイですからね!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、、、

 

 

 

 

それだけが

周囲の反応だと思って

 

「みんなが喜んでくれた」とか

「みんなが凄いね!いってくれた」

 

という事だけに

眼を向けていると

 

 

その先は

ちょとしんどくなります。

 

 

 

 

はじめはポジティブな感想や

笑顔を返してくれた周囲の人たちも

 

“慣れ”がやってきます。

 

 

 

慣れてくれば

最初はイラストを観て

大きく動いた心や脳も

 

見慣れてくれば

平常運転状態になります。

 

 

 

 

 

これは

生物学的にしょうがない

ことだと思うし

個性によっては

前向きな感情とか表に出すことが
少ない方もいらっしゃいます。

 

 

だから、

 

 

あなたの描く

絵やイラストの問題ではありませんので

こんなことで、気落しないでくださいね。

 

 

 

イラスト描いたのに・・・

「掴みをしくじった」とか

「滑った」なんていう

反省や思い込みも不要です。

 

 

なので

 

 

 

周りが反応薄くても

 

イラストを使って伝える事は

嫌いにならないでください!w

 

 

 

 

 

 

周りの反応が薄いと感じたら・・・

 

“慣れ”によって起こってしまったり

 

イラストを使った

コミュニケーションに挑戦してみても、

 

 

相手や周りの反応が薄かった場合

 

 

 

一つは

イラストの

バリエーションを増やす

 

 

という事で

“飽きさせない”という

工夫はできます。

 

 

僕は4年以上ブログを

描き続けることで

 

表現のバリエーションや切り口を

増やし続けています。

 

もちろんそれは再現性を追究しているので

 

このブログや講座を通して

みなさんにも、いろんな表現や

見せ方のバリエーションを

習得してほしいなと思います。

 

 

 

 

 

 

ただ、これって

若干“根性論”的なところがあるので冷や汗 (顔)

あくまで一つの手段です。

 

ご自身のペースで

身につけていただけたらと思います。

 

 

 

 

今の実力の範囲で

周囲の“慣れ”や“薄反応”に

 

向き合ったときには

 

 

 

「反応」に対する

視点を変える。

 

 

 

という事をやってみてください。

 

 

 

コレまでは

絵やイラストを見せたときに

 

「凄いね」「素敵です」「可愛い」という

見せた瞬間の周りの声

 

が「反応」だと思っている方が

ほとんどだと思いますが

 

 

褒められたり、称賛されるのが

皆さんの「描くスキル」の

ゴールじゃないですよね?

 

 

大事なのは

 

絵やイラストによって周りが

 

 

どう行動変容してもらうか?

 

 

が“本当のゴール”なはずです。

 

 

 

 

絵やイラストを見せた、

見てもらった瞬間に

一喜一憂するだけじゃなく

 

 

その後の周りの人たちの行動を

よーく観察してみてください

 

 

 

例えば、

 

伝えたい情報・メッセージに

イラストを添えたことで

 

・ずっと顔を上げコチラを向いて
話を聞いてくれるようになった。

 

・お願いした書類が期限までに集まった。

 

・説明の二度手間がなくなった

 

・書類の記述ミス・記述漏れがなくなった

 

・作業のミスがなくなった

 

・短い説明時間で滞りなく作業に入れた

 

・ワークショップがスムーズに進行できた

 

 

 

などなど

 

地味だけど、

人との関わり合いの中で

 

今までけっこうな手間や

ボディブローのような面倒くさかった事が

 

ちょっと解消してたり

前向きな変化が起こっているはずです。

 

 

 

 

コレ、ホント地味過ぎて

気付かないことが多いのですが

 

 

ここに意識を向けて

気付いていただけると

 

 

「その場の反応が薄い・・・」

 

なんてことは

大したことではありませんし

 

 

 

 

「みんながイラストに

反応しなくなってきた・・・」

 

ことはイラスト自体の

習慣化・日常化が進んでいる

一つのバロメーターのようなもので

 

 

 

間違いなく

そこにイラストがあるだけで

あなたの周りの場や環境は

好転していますので

 

 

自信を持って描き

発信し続けて行ってください!!

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss