イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

スベる棒人間!冬季オリンピック編

似顔絵

LINEで送る
Pocket

 

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

 

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

 

 

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

 

 

 冬季オリンピック開幕直前!!

 

昨日のネタから続きますが

 

 

コロナ禍で揺れておりますが

冬季オリンピックが

厳戒態勢の北京でいよいよ開幕します。

 

 

 

 

 

毎日新聞のアンケート調査によると

 

 

北京五輪について

「楽しみだ」と答えた人は17%にとどまり、

「楽しむ気持ちになれない」が60%を占めているそうです。

 

IOC組織のあり方や、中国の人権問題

コロナの感染状況などを考えると

複雑な想いにかられるのは

確かですが・・・・

 

 

 

 

まあね、、、

東京オリンピックもそうだったけど

 

 

オリンピックが終わる頃には、

「楽しめた」「興奮した」「感動した」

といった感想が大半を

占めているんじゃないでしょうか?

 

 

努力を積み重ねて

代表に選ばれた選手たちの

健闘は心から願ってやみません。

 

 

 

 

という事で、

 

 

 

冬季リンピック種目でもある

見たことあるウインタースポーツの数々

 

棒人間たちに

挑戦していただきましょう!!

 

 

 

 

 

 

スベる棒人間 オリンピック種目7選

① アルペンスキー

 

 

 

比較的分かりやすい、

ポーズが多い種目ですね。

 

ターンの際の身体を傾きで

滑る勢いが変わってきますし、

 

腕・脚は直線的に描くことで

スピード感・躍動感が出てきます。

 

 

 

 

 

 

② フィギュアスケート

 

 

様々なポーズがあるので

特徴出しやすいかと思いきや、

 

一枚のシンプルな絵で表現しようと思うと

 

写真のまま描いても雰囲気が

出ないことが多く、

難しい種目だなァ~と思いました。

 

 

この棒人間も

いろんな選手のいろんな

着氷の習慣を融合させて

 

”それっぽく”表現しました。

 

 

ヘタに肘や膝は曲げず

こちらも腕脚は直線で描きました。

 

 

 

 

 

③ スピードスケート

 

 

スピードスケートは

 

膝を大きく突き出し、後ろ脚を大きく蹴り伸ばし、

腕を左右に大きく振っている、ラストスパートの

ダイナミックなフォーム!

 

コレを正面から見た映像が

とても印象出来ですが

 

 

棒人間的にはメチャメチャ難しいので(^^;

今回は断念!

 

レース中盤のコーナーリングしている

瞬間を切り取りました。

 

 

 

 

 

 

 

④ スキージャンプ

 

 

 

コチラは正面を向いたポーズ

 

とにかく、スキー板や体の線が

かぶらないように配慮しました。

 

 

あと前後の”奥行き”を出すために

胴体はかなり短めに描いているのもポイントです。

 

 

最初は描くつもりはなったっかんですが、

 

ランニングみたいなユニフォーム

これ描き添えただけで、俄然雰囲気出てきましたうれしい顔

 

 

 

 

 

 

 

⑤ スノーボード

 

 

ハーフパイプのエアーの瞬間!!

 

だけど・・・

何もないとちょと分かりづらいので

 

 

 

 

コースの一部、飛び出す部分を

背景に入れてみました。

 

 

ちなみにこの部分

競技用語で「リップ」って言うそうです。

 

 

ついでに覚えておいて

今度観戦しながら「ツウ」ぶって言ってみよう!!www

 

 

 

 

 

⑥ カーリング

 

 

日本代表のロコソラーレ選手たちの

愛嬌あるキャラも取り上げられやすく

注目度の高い種目なってますね~

 

 

背筋をピンと伸ばしたショットの姿勢は

とてもカッコよくて

 

棒人間的には

今回一番描きやすいフォームでした^^

 

 

 

 

 

⑦ ボブスレー

 

 

 

えー--っと、、、

人間的な要素がほとんどありませんが

 

描いてみたら、

なんだか可愛くて面白く仕上がったので

掲載しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

ウインタースポーツはほとんど

ゴーグルしてるので表情は描きにくいですが、

 

棒人間イラストを楽しむなら

ゴーグルを描かずにいろんな表情を

描き加えても面白いですよ。

 

 

 

 

 

また、オリンピックの競技が始まって

印象に残るシーンと巡り合えたら

 

棒人間で再現していきたいと思います!

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

この記事へのコメント

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss