イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

スピーチする棒人間

棒人間

LINEで送る
Pocket

 

周囲の木々も色づきはじめ

秋本番となってきました!

 

 

スポーツの秋

食欲の秋

読書の秋

芸術の秋

 

 

なんて世の中では

表現されますが、

 

 

 

僕の場合は

 

プレゼンの秋

 

といいって良いくらい

人前で話をする

機会が目白押しです。

 

 

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

 プレゼンの秋“本番”

 

 

いよいよ今週末に迫ってきた

第39回セミナーコンテスト名古屋大会
(略して「セミコン」)

 

第39回セミナーコンテスト名古屋 オブザーバー参加申込

 

 

3年ぶりのリアルイベントが

帰ってくるということで

 

 

出場者さんをはじめ

関わってくれるサポート仲間の

関係者の方の気持ちも高まってきています。

 

 

出場者さんの「10分セミナー」練習会

回を重ねるほどに発表の内容が

どんどんブラッシュアップされていき

 

当日の仕上がりが

楽しみで楽しみで

期待がどんどん膨らんでいます。

 

 

 

運営メンバーによる進行のリハーサル

 

安心安全な場を作るために

司会、スライド、音響のタイミングなどを

みんなで合わせていく。

 

はじめはよくわからず、チグハグだった状態から

コチラも打ち合わせや、練習を重ねるたびに

一体感が醸されていく

 

即席ながらもチームがガッチリ組まれていく

楽しい過程はたまりません!!

 

 

 

セミコンでは僕は「主催者」なので

裏方ではあるのですが、

皆さんの前に立って話す機会もあるので

その”準備”もあります。

 

 

 

 

 

このセミコンが終わると

次に容赦なくやってくるのが

 

 

リボーンアワード2022

召集令状が来たので、腹を決めました!

こちらは「プレゼンター」として

ステージに立つことになります。

 

 

棒人間やイラストの話ではない

 

今までに誰にも

話したことがない過去の体験を

皆さんにぶっちゃけ

 

普段は見えていない自分をさらけ出す事

なると思いますがw

 

ホントにどんな話になるのか

自分自身もまだまだ分からない

正直、いまは気が重すぎる・・・

今年最後のチャレンジになりそうです。

 

 

こちらはもうすぐ

観覧募集が始まりますので

ぜひご都合合う方は

応援に来てください!!

 

 

 

 

という事で、

 

本日は様々な

人前で話す、語る、演説するなどの

 

「スピーチする棒人間」

 

を描いてみました。

 

 

 

 

 

 スピーチする棒人間

 

① マイクを持って話す<1>

直立して片手でマイクを持たせた

ニュートラルな状態。

 

マイクをもつ腕ですが

あまり肘を張らないように

描くほうがスピーチ感が出ます。

 

 

アナウンサーや

リポーターにも見えるので、

指指し棒人間のような

POPや掲示物に活用できる

イラストにもなります。

 

 

 

 

 

 

② マイクを持って話す<2>

 

 

これは少し角度をつけて

仕草に勢いを出しています。

 

活用としては①と同じで

アナウンスやインフォメーションの

役割をもたせる事ができますね!

 

 

 

 

 

③ 演台で話す

 

 

演台がある事でスピーチというより

 

講話や講演、

あるいは司会といった

形で人前で話す人が描けます。

 

 

演台の原稿に視線を落とす

姿にしていますが、

 

眉目口の配置を変えて

視線を上げて、

顔を聴衆に向けている姿を

描くこともできます。

 

 

 

 

④ 両手をついて話す

 

 

ちょうど国会中継やってたので

描きました。

 

前のめりな姿勢や

挑発的な態度にも見えます。

 

 

 

 

 

⑤ 原稿を読む<1>

 

手に紙を持たせることで

原稿や台本、

カンペなどを見ながら

話をしている姿になります。

 

 

「読み上げ」「朗読」という

イラストとしても使えますね。

 

 

 

そして、

表情を変えるだけで

 

 

 

 

 

⑥ 原稿を読む<2>

読んでる台本が難しいそうに見えたり、

原稿を覚えきれてない

 

余裕のない状態になりますw

 

 

 

 

 

⑦ 演説する

 

 

 

声高らかに持論を展開したり、

高圧的に主張したり、

聴衆を煽るようなスピーチを

 

する姿で、

 

 

パーツの配置で

下から見上げてるような構図に

仕上げています。

 

 

 

 

モデルは

『機動戦士ガンダム』に登場する

ギレンの演説です😆

 

 

アニメのシーンで

内容も過激な演説なんですが

 

何故かカッコよくて

思わずジーク・ジオン!と

叫びたくなります、

 

 

実は昔、

スピーチのトレーニングで

ギレンの演説を

銀河万丈さんの声真似含めて

完コピしてたことあります😂

 

 

 

 

 

 

 

今回は「人の前に立って話す」

というシチュエーションで

描いてみましたが、

 

皆さんは

どんなスタイルで

スピーチしてますか?

 

 

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss