イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

“自分のプレゼン”が作れない?!

ブログ

LINEで送る
Pocket

 

 

全然、楽しくなかったです。

この空気どうしてくれるんですか?

 

 

なんが話が軽すぎて、、、

全然入って来ないから

言う事ないです。

 

 

 

 

プレゼンに対する

こんな感想が

 

自分に向けられたのは

何年ぶりだろう・・・たらーっ (汗)

 

 

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

いつものこのブログの

冒頭で語るフレーズが

恥ずかし過ぎる想いで

 

 

まったく

人の心に届くような

話ができていない

自分に直面し、

 

 

精神撃沈して

広島から帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リボーンアワード2022 リアル練習会

 

12月6日(火)の本番に向けて

『リボーンアワード』の出場者練習会が

 

広島で行われました。

 

 

 

 

主催者である

株式会社タイアンドギーのオフィスにて

 

 

全国から出場者があつまり

初のリアル顔合わせ。

 

 

 

それぞれ準備してきたプレゼンを

代表の板坂裕治郎さんはじめ

サポートして下さるスタッフさん

過去の出場者さんを

 

前にして

 

今に至る自分のストーリーを

発表をします。

 

 

 

みんな山あり谷ありの人生を

送って来られていて

聞いてるだけでも

 

ひとつのドラマを観ているような

お話になっていきそうです。

 

 

 

 

それと比べると

僕の人生は昨年まで

 

安定のサラリーマン生活を

二十数年送ってきて

 

やっと独立したところなので

起伏のちいさなストーリー

(今のところ・・・)

 

 

何を話していいのか

迷いに、迷いながらの

プレゼンづくりです。

 

 

 

これまで

 

自分の過去と向き合って

それを人前で語るなんて

やってこなかったし、

 

コレぽっちも

必要だとは思ってもいなかったので

 

 

何を伝えたらいいのか見えてなくて

シナリオがまったく固まっていません。

 

トークのゴールや着地点もなく

いつもの話しかたのテンションでもなく

スライドのビジュアルも創り込めず

 

 

 

ただ自分の過去を時系列に

“説明する”始末

 

 

話したい事、伝えたい事が

「説明」なってしまう、

それが延々と続きだすと

人は興味を失う・・・・

 

 

なんてことは

このブログでも講座でも

みなさんにお伝えしてる事なのに

 

 

今、僕が臨もうとしているプレゼンは

ガッツリその状態から抜け出せずにいます。

 

 

 

だから冒頭のような

感想が帰ってきました。

 

 

 

シナリオ構成を追う事だけに

必死になているところもあるけど

 

 

 

みんなが共通して

フィードバックしてくれた事は

 

 

 

その時の感情を

もっと出してほしい

語って欲しい。

 

 

 

という事でした。

 

 

人は情報や正論ではなく

感情で動く生き物

 

 

 

これもいつも

僕自身も言ってる事なのに

 

 

全くできていません。

 

 

過去の自分の周りで起こったこと

やって来たこと、やらかしたことは

“がんばって”さらけ出しているつもりですが

 

 

言葉に感情が乗らないことで

誰にも届いてない、響いてない

 

 

“さらけ出し損”状態です・・・

 

 

 

 

 

 

今意識しても

単に感情を込めたような

オーバーアクションの

猿芝居のような話し方に

なってしまうだけなので、

 

 

事実だけじゃく

感情記憶の棚卸が必要のようです。

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

代表の裕治郎さんに

言われることが一番しんどくて

 

 

Siriは本当の自分が

わからなくなっとるけ~の

 

 

潜在意識レベルで

自分の心に蓋して

ガードしているヤツっぽいです。

 

 

 

コレをこじ開けて

掘り起こさなければ

 

ぼくのストーリーは

紡がれていかないようです。

 

 

 

 

 

 

とんでもなく厄介な宿題です。

 

 

 

“本当の自分”って何?

 

 

 

人の事はよく見えるのに

自分の事は本当に見えない。

 

 

これもまた典型的な

パターンにハマり切っておりますが、

 

 

 

本番まであと一か月

この一か月の先に

何が見えてくるのか・・・

 

 

 

 

絶対に

「出て良かった」

って思えるよ!

 

 

 

 

練習会では

鬼のような厳しいフィードバックを

されることで有名な

 

リボーンの先輩方が

懇親会で声を掛けてくれました。

 

 

 

人の心に土足で踏み込んでくる

練習会の噂は聞いていたので、

 

顔を合わせるのも

恐怖でしかなかったのですがw

 

 

 

こうやって顔を合わせて

お話させてもらうと

 

 

みなさん

本気で出場者(選ばれた人)の成長を願っていて
上っ面な言葉ではない、そこに愛がある感じが

ビシビシと伝わってきて、

 

 

なんだか希望の光が見えましたぴかぴか (新しい)

 

 

 

とはいえ、練習会は

容赦ないんでしょうけどw

 

 

 

 

 

 

 

限られた時間ですが

 

いまは、

プレゼンの技術的なことに走らず

 

とにかくシナリオに

感情が伴ってくることを優先して

自分の内なる言葉に向き合っていきます。

 

 

 

 

 

リボーンアワード2022

一般参加受付中です!(11/13まで早期割!)

 

ぜひ応援にきてください。

 

リボーンアワード2022「勇往邁進」
リボーンアワード2022が12月6日に開催決定!今年のテーマは【勇往邁進】。「どんな困難にもひるまず、恐れることなく脇目もふらず、自分の目的・目標に向かって勇敢に前へ突き進む」という意味です。

 

 

 

 

そして、

今、僕に一番勇気をくれるのは

受講者さんの喜びの声です!!

 

今月の開催のイラスト講座の方に

お越しいただけたら嬉しいです。

 

 

 

友だち追加
★登録特典★
『棒人間の描き方動画<7選>』

 プレゼントぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

この記事へのコメント

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss