イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

注目!鉄道各駅の手描きホワイトボード!!

LINEで送る
Pocket

 

ふだん何気なく足を運んでいる

お店や施設

 

毎日通る

見慣れた通勤・通学路

 

 

 

職場や日常生活の中で

視界に入ってくる景色には

 

 

 

実は、見知らぬ誰かが描いた

 

「手描きのイラスト」

 

が溶け込んでいたりします。

 

 

 

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

そんな「手描きイラスト」を

意識して周りをみてみると

 

プロの作家さんや

イラストレーターでもないのに

きらりと光る“職人技”や

 

スタッフさんや職員の

想いが溢れている

 

ユニークな“作品”に

出逢えることがあり、

楽しい気持ちにさせてくれます^^

 

 

 

 

 

 

 

 名古屋市営地下鉄のホワイトボード

 

 

 

名古屋市営地下鉄

東山線『亀島駅』

 

 

 

 

名古屋駅から一駅という

市内中心部の駅なのですが、

 

 

これと言って特に
周辺にメジャーな施設や

スポットがあるわけじゃないので

 

 

日常的に利用している

駅ではないのですが、

 

 

諸事情でたまに

乗り降りで訪れると

ワクワクさせてくれるものに

出逢えます。

 

 

 

 

それが、

 

 

 

 

ホワイトボードの

インフォメーション

 

 

改札からホームに向かうところで

目に止まります!

 

 

 

 

 

おそらく駅員さんが定期的に

手描きされているものだとは思いますが

 

 

 

驚くべきはその絵のクオリティ

 

 

情報がビッシリ詰まっているのに

キレイな読みやすい文字と

色鮮やかなイラストで

 

思わず舐めまわすように

見入ってしまいますうれしい顔

 

 

 

 

車両のイラストも秀逸!

 

下描きなしでよくこの複雑な構図を

 

ホワイトボードマーカーで

よく描き切ってるな~

と感心しちゃいます!!

 

 

 

ココまで色を入れていくと

ヘタすれば色混ざっちゃって

汚くなるのがオチなんですが、

 

マーカー同士がけんかすることなく

それぞれの鮮やかな発色で彩っているので

中々の“職人芸です”

 

 

こんなマーカーの

使い方ができるんだ!!

 

 

って

 

 

嫉妬するでベルです!

どんな方が描いてるのか

逢ってお話聞きたいですね。

 

 

 

 

『亀島駅』のホワイトボードは

今回初めて観たわけじゃなくて

 

一年前にも「おっ!」っと思って

写真を撮ってました。

 

2021年10月に撮影したもの

 

イラストだけじゃなく、

和文・英文とマルチな才能を感じる作者さんですね。

 

 

蛍光色ホワイトボードマーカーは

僕は使った事は無いのですが

ふわっとした優しさが感じられますね~

 

 

 

このホワイトボードも

定期的に描き変えられているようなので

意図的に『亀島駅』で乗り降りできるよう

ときどきチェックしたくなりましたw

 

 

 

 

 

 

 全国にある!駅員さん手描きホワイトボード

 

 

そんな

『亀島駅のホワイトボード』の事を

さっそくSNSにUPしたところ

 

 

 

地元の駅でも
時たま見かけますよ。

ほっこりしますよね。(^^)

 

 

というコメントしてくださる方がいて

またちょっと興味が膨らみました黒ハート

 

 

 

駅に設置されるホワイトボードを

楽しく彩ってメッセージを

 

届けることが大好きな駅員さんって

結構各地にいるんでしょうね!

 

 

 

ということで

サクッと検索したところ・・・

 

 

 

いっぱい

出てきましたよ!!!

 

 

 

 

いったい誰が描いてるの? 東京駅のホワイトボード職人に会いに行ってきた|さんたつ by 散歩の達人
東京駅の丸の内口でも八重洲口でもない、すこし静かな新幹線改札口に設置された案内板。あの車両イラストはいったい誰が描いているのか。会いに行ってきました。
小田急電鉄 イラストで受験生応援 お手製ボード 登戸・遊園駅に | 多摩区 | タウンニュース
小田急登戸駅(栗原真仁駅長)が手描きの絵で受験生にエール――。「ガンバレ受験生!」「志望校に向かって出発進行! 登戸駅一同」などのメッセージと、はちまきを締める男子生徒のイラストが描かれたホワイトボードが、改札口そばに設置されている。 このボードはセンター試験に合わせて1月18日から向ヶ丘遊園駅2カ所と登戸駅に設置され、…
白板に「夏のおでかけ」 新百合ヶ丘駅員手がける | 麻生区 | タウンニュース
小田急線新百合ヶ丘駅(周児駅長)の改札内に、同駅勤務スタッフが描いたイラストが8月末まで展示中だ=写真。 描いたのは入社2年目の社員、平川富子(ふうこ)さん(20)=同右。先月運転再開した箱根登山電車や、駅員、芦ノ湖、更にはヒマワリ、入道雲をホワイトボードに描き「夏のお出かけ」をイメージした。製作時間は3時間程。初めてホ…

 

 

 

 


どうやら鉄道ファンの皆さんには

各地の名物のようにもなっているようで

 

手描きのイラストを通して

人と人とが繋がっていくのは

とても温かく感じます^^

 

 

 

 

 

先日のブログでは

鉄道開業150周年ということで

「棒人間駅員さん」を描いてみたので

 

 

駅のホワイトボードで

活用してもらえたら嬉しいな~うれしい顔

 

鉄道開業150周年と棒人間

 

これから出張や旅行の楽しみの一つとして

全国各地のホワイトボードに

注目していきたいと思います!

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss