イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

「棒人間」はここで使う!活用シーン3選

LINEで送る
Pocket

 

 

棒人間やイラストの描き方が

分かって楽しくなってくると、

 

 

ほとんどの方が

仕事や職場のアウトプットで

 

「自分の描いた絵を活用したい!」

 

と思ってくださいます。

 

 

とにかく

「自分にも描けた!」という

ワクワクなまま

すぐに実践される方がいれば

 

 

 

 

一方では

自分の描いたイラストの

 

“使いどころ”や“タイミング”を

考え過ぎちゃって・・・

 

 

なかなか人前で披露する事ができず

足踏みされる方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

せっかくサクッと使える

イラストの描き方を学んでも

 

実践ができなければ

とても勿体ないです。

 

 

まずは自分の手で描いたイラストを

どの様にアウトプットしたらよいのか

 

その「使いどころ」について

今日はお話しますね。

 

 

 

 

 

 

イラスト初心者にやってくる第2の壁

 

 

 

イラストを使った

プレゼンやコミュニケーション

 

 

初心者の方にとって

 

 

“描ける”が否かという壁が

 

まずあるんですが、

 

 

 

 

コレこれは僕の講座に来てもらえたら

すぐにクリアできます^^

 

 

「描けない」という方に寄り添った

一本の線の引き方までにこだわったのが

「棒人間」ですからね。

 

 

棒人間の描き方講座では

 

簡単さと“描きごたえ”のあるイラストを

どんなに苦手意識持っている人でも
描けてしまう内容をお伝えしています!

 

 

 

しかしながら

 

「描ける」クリアできると

 

人に“見せられる”か否か

 

という第二の壁がやってきます。

 

 

これについては

とにかくまずはアウトプットを

実践することが大前提なのですが、

 

 

 

 

実は“一発目”の使いどころって

けっこう難しいんですよね~

 

 

 

僕はすでに周りから

“絵を描いてる人”“絵を使って説明する人”って

イメージが付いているので

どこに行っても、ススっと描いたりしますが

 

 

 

とにかく初めての方や

これから絵を使って話していく

頻度を上げて行きたいと考えてる人にとっては

 

 

自分の周囲が

イラストを受け入れてくれる

環境が整っているかどうかというのは

とても重要なことです。

 

 

 

 

 

そこで、

イラストプレゼンマスター講座の

受講者さん方の声を拾っていきながら

 

 

絵を描くことが苦手だったの人が、

 

これからイラストを使った

プレゼンやコミュニケーションを

活用して行こうと考えてる方が、

 

 

 

職場やお仕事の現場で

ご自身の講座やセミナーで

 

スルスル~と「自分の描いた絵」が

導入できてしまう

3つのシーンについて

 

ご紹介します。

 

 

 

 

 

 手描きイラストが使える3つの場面

 

① 説明する

自分の伝えたい情報やメッセージを

確実に受け手に届けるために

 

理解補助として使う場合

 

「指差し棒人間」が

一番描きやすく汎用性があります。

 

 

 

 

 

「説明」はさらに細分化すると

 

自己紹介、講座のポイント

商品・サービスの特徴

ワークの作業手順や

プロジェクトの概要などがあげられ

 

 

 

キーワードを

箇条書きに描くだけで

 

棒人間がアイキャッチとなって

見やすい!分かりやすい!

印象が与えられます。

 

 

ポイントは

あまり文字量を増やさず

短い言葉で描くことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

② お願いする

 

3つの中で「お願い」

一番導入しやすいシーンです。

 

 

 

お店や職場の決まり事

講座やセミナーでのグランドルール

 

相手に取ってもらいたい

「行動」を促すときに

この棒人間は最大の効果を発揮します。

 

 

 

言いにくい事も、

ぺこりと棒人間に喋らせてしまえば、

 

あなたのメッセージは

相手に快く届いてしまいます。

 

 

 

 

時と場所、お願いする内容によって

いろいろ棒人間も描き別けてみてください^^

 

 

お願い♡棒人間の描き方

 

 

 

 

 

③ 質問する

コレは一般的に

僕も受講生さんも盲点だったのですが

 

 

質問を描いて見せる

 

 

ことほど場づくりに

つながるものはありません

 

 

学校の授業、

セミナーや講座はもちろんですが

 

セールスなどのシーンでも

 

 

いきなり本題に入るよりも

まずは「質問」を投げかけることで

 

自分の伝えたいメッセージを

相手の“自分事”にすることができます。

 

 

 

 

それを加速的に行うためにも

質問を可視化する

 

 

更には棒人間を使うことで

“共に考える”場を作って行くことができます。

 

 

 

人は話し出すと

ついつい自分の事ばかり話し続ける

生き物だったりしますw

 

質問しようと思ってても

話に一生懸命になりすぎて

すっかり相手に聞くことを忘れてしまう・・・

なんてこともあるかもしれません冷や汗 (顔)

 

 

 

それを防ぐためにも

相手に投げかける「問い」を

可視化しておくことで

 

確実にその場を作る機会が確保できますよ!

 

 

 

ここでいう「質問」の目的は

相手に主体的にさせて、考えてもらう行動

を促すことなので

 

こんな感じの「考える棒人間」たちを

お供にしてみてください^^

 

考える棒人間

 

 

 

イラストの「使いどころ」について

 

①説明

②お願い

③質問

 

 

の3つのポイントで

お話をさせていただきました。

 

 

おすすめは②③です。

 

 

自分のメッセージだけでなく

相手の行動の変化が

明らかに見えてきますので

 

活用後の手応えを

感じやすいですよ!!

 

 

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

この記事へのコメント

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss