イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

自分の「強み」どこで、どう活かすか?

ブログ

LINEで送る
Pocket

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

東京オリンピックの侮辱演出騒動、これ自体に違和感

またまたマスコミが騒いでます

オリンピック侮辱演出騒動

 

 

東京五輪・パラリンピックの

開閉会式を巡り、

企画、演出の統括ディレクターが

タレントの渡辺直美さんの

容姿を侮辱する演出を提案した

 

 

・・・・という

 

 

 

 

なんだか、また

過剰反応ですよね・・・。

 

 

 

騒動の責任をとって

辞任することになった

佐々木宏氏は

 

「そうだ、京都行こう」や

「BOSS」など手掛けたことでも有名で

 

クリエイティブの第一線で

活躍されてる方

 

 

1年前のアイデアラッシュでの中で

アウトプットしたこと

 

周りの反対もあって

即座に廃案になってることなのに

 

「問題発言」として吊るしあげられて

ちょっと気の毒な気がします。

 

 

 

結構重要な企画の

アイデア出しを

 

LINEで発言し合ってるという

やり方には驚きでしたが

 

コロナが本格的に拡大していた時期

開催自体が揺れる中

密に集まって会議・ミーティングもできず

 

そんな制限や限界のある

環境の中で仕方なかったのかもしれません。

 

ただやっぱり、

チャットの活字コミュニケーションは

言葉足らずで、誤解を招くリスクは

メチャメチャありましたよね。

 

 

もちろん

 

短い活字で綴られた

「オリンピッグ」という
演出アイデア自体は

 

 

「ふさわしくない」ことは

誰が見てもすぐにわかるものです。

 

 

結局、すぐさま

他の企画メンバーの反対もあって

アイデアは取り下げたそうで

 

企画チームとしても

自浄作用も機能してたってことは

意思決定も

ちゃんとしてたと思います。

 

 

それを、

1年も過ぎたこのタイミングで

揚げ足と売るような形で

マスコミを中心に騒いでいるのは

 

意地が悪いというか

 

相変わらずナーバスに反応する

日本社会の閉塞感しか感じません。

 

 

あと、

 

こういう内内なことが

スパンと表に出てしまうというのも

LINEとかグループチャットの

怖いところです。

 

 

 

”侮辱を受けた”とされる

渡辺直美さんの先輩芸人

 

ケンドーコバヤシさんが

興味深いコメントをされています。

 

ケンコバが後輩渡辺思いやる「流出したことが問題」
東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開閉会式を巡り、企画、演出の統括役を担うクリエーティブディレクターの佐々木宏氏(66)が、タレントの渡辺直美(33)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。

「こういうことが表に出ると、

周りが触れられなくなる存在になってしまう。」

 

 

ホントその通り!


今回の騒動の後だったら、この映画

 

完全に「容姿に対する価値観」がベースになった演出
素直に笑えなくなる人が続出したかもしれませんね。

 

個人的には渡辺直美さんの魅力全開で
「お見事!」としか言えないのですが・・・

 

本来、渡辺直美さんの

「強み」であった部分が

 

 

ご本人の意図としないところで

アンタッチャブルとなる

 

そんな風潮が生まれて、

 

 

この先、

彼女を起用する人たちも

すっごい石橋をたたくことになって

 

突き抜けた”面白さ”が

無くなっていくんだろうなぁ・・・

 

 

ただ、

 

渡辺さん自身は、この4月から

アメリカに拠点を移して

活動されるそうだから

 

今回の騒動は

 

息苦しい日本を抜けて

彼女の「強み」を後押しする

必然的な”流れ”

だったのかもしれませんね。

 

 

自分の強みを、どこでどう活かす?そのヒントがここに

 

自分の成長や

経験値の積み上げや

 

あるいは

時代の流れや世間の動きよって

 

 

自分の「強み」というものに

気付くタイミングがあったります。

 

 

 

毎日ブログの師匠でもある

アホ社長再生プロモーター

板坂裕治郎先生

 

 

そんな「強み」を

テーマにした

 

新刊本を発売されました。

 

 

『日本一わかりやすい

「強みの作り方」の教科書』

 

 

 

様々な逆境をや葛藤を乗り越えて

 

自分でも気がついてなかったような

オンリーワンな強みを見つけて

 

 

それを武器に

成果を上げている

 

18人のストーリーが

綴られております。

 

 

裕治郎先生が

一冊目『社長の鬼原則』を
出された2018年、

 

出版とほぼ同じタイミングで
裕治郎さんの下で

僕は、毎日ブログを
書き始めました。

 

 

それをきっかけに
まー、いろいろ曝け出す事に
なるわけでして、、、(笑)

 

で、そこからさらに

 

新たな道を拓いて
来ることができました。

 

 

そしてなんと
今回リリースされた新刊では、

 

 

光栄にも
そんな僕の事も取り上げて
いただいております!!

 

★苗字にルビをふっていただくという優しさw

 

「好きな事」「できる事」

「みんなに喜ばれること」

 

コレが自分の「強み」として

しっかりと認識できた瞬間が

紹介していただいております。

 

 

その他に取り上げられた

方々の物語も読みごたえありますので
是非、多くの方に手を
取っていただきたいですね!

 

 

↓↓↓出版キャンペーンも開催中です↓↓↓

「強みの作り方の教科書」出版記念キャンペーン
板坂裕治郎の書籍第2弾「強みの作り方の教科書」出版記念キャンペーンページです!同時購入で特典ついてます!

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss