イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

平和を願う・世界をつなぐ棒人間の描き方

棒人間

LINEで送る
Pocket

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

 

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

 

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

 

 太平洋戦争開戦80年

 

 

 

昨日12月8日は

 

日本軍の真珠湾攻撃による

太平洋戦争開戦から

80年の節目を迎え

 

 

なぜ始めてしまったのか?

なぜやめられなかったのか?

 

 

 

あれから80年も過ぎると

当時を知る方も数少なくなり

戦争の記憶がさらに遠くなる中で

 

 

 

 

このところ「太平洋戦争」を

テーマにした番組が放送されていて

今までとはちょっと違った視点で

戦争の歴史に触れることができました。

 

 

先週末に放送された
「NHKスペシャル~新・ドキュメント太平洋戦争 」

 

一般市民や兵士の日記から、当時の世情を紐解き

その歴史のうねりに吞み込まれていく

日本の姿を見ることが出来ます。

 

開戦前からすでに、市民生活や最前線では

綻びが出始めているのに、、、

都合のいいように推し進める指導者の姿が痛すぎます。

 

 

 

 

そして昨日は『歴史探偵』
「写真で迫る真珠湾攻撃のリアル 若者たちは何を感じたのか?」

 

モノクロ写真をカラーにするだけで

当時の息遣いや伝わるようで

 

現代に生きる僕らが固定観念でもっているような

当時に対するイメージを

ちょっと覆すような発見もありました。

 

 

あと、

日本人捕虜第1号の酒巻和男さんの

エピソードはとても興味深く

より詳しく知りたくなりました。

 

太平洋戦争「捕虜第一号」酒巻和男氏 石碑の除幕式|NHK 東海のニュース
80年前、太平洋戦争開戦時の真珠湾攻撃でただ1人、アメリカ軍に捕らえられて「捕虜第一号」となり、復員後は愛知県豊田市で暮らした酒巻和男氏の…

 

 

戦争という過ちを

二度と繰り返してはならない

 

世界の平和を

改めて考えさせられる

機会になっています。

 

 

 

 

 

平和や友和を願う棒人間たちの描き方

 

 

 

ということで、

 

 

 

今日は「平和」という

抽象度の高いイラストを描いてみます。

 

 

 

 

 

 

さきに「答え」を出しておくと

地球の周りで“手を繋ぐ棒人間”が

並ぶことで

 

平和・友好・共感など想起させる

イメージが描けます。

 

 

いきなりこれを見ると

慣れない方には

ちょっと複雑そうに思われる

かもしれませんが、

 

 

これにも描き方の手順を知ると

サクッと描けます!

 

 

 

 

では行ってみましょう。

 

 

 

 

①ベースの「大地」を描く

 

 

まずは半円の弧を描きます

楕円形でも大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

②周囲に小さな〇を並べる

 

 

半円に沿って小さめの〇を5~7個ぐらい並べます。

できるだけ等間隔を意識していただくと

仕上がりがキレイに整います。

 

 

ここまでは

できれば鉛筆で下描きとして

軽く描くのがおススメです。

 

 

 

 

 

③〇と弧を線でつなぐ

 

 

 

〇と弧を二本の直線で繋げます。

 

二本の線が、間隔が狭く平行になってしまうと

「ウィルス」みたいに

見えるかもしれませんので(^^;注意してください。

 

二本線は身体の部分なるので、

少し下に広がるように引くと

バランスが整います。

 

 

あと、内側に入って

輪郭ではなくなった線(グレー)は

用途によってあとで消すと

ちょっとカッコよく見えます。

 

 

こんな感じ↓

 

一筆書きで描こうとすると大変ですが

分解して描くとキレイに描けますよ^^

 

 

 

 

 

 

④顔を描く

 

 

全部同じ表情なら

一体感のイメージが際立ちますし

 

一人一人の表情を変えると

「多様性」を表現できたりもできるので

 

自分の好きなポジティブ表情を

描いてみてください。

 

 

ほっぺ赤くすると

よりハートフルになります。

 

 

このイメージだけで

 

目に観えない根っこで

“みんなが繋がってる”

という感じが伝わってきませんか?

 

 

 

 

 

 

⑤手を描く

 

 

「手を繋ぐ」状態を描くときのポイントは

腕から描かず、手の位置を先に決めてください。

 

これでバランスが取れます。

 

 

 

 

 

⑤腕を描く

 

 

先に描いた手の〇と

首元を直線でつなぐ

 

これで両手を繋いだ状態を

バランスよく描く事が出来ます。

 

 

 

 

ここまでできたら

 

棒人間の周囲や

 

弧の中心部に装飾やメッセージを

施すことで、いろんなテーマで

みんなで一つになる

 

イメージが作れます。

 

 

 

 

⑥いろいろアレンジ

 

 

 

中心部にメッセージを入れることで

キーワードで人と人を繋ぐことが出来ます。

 

 

 

 

半円を地球にみたてることで

グローバルな、視点や概念を取り入れたり
メッセージのスケールが広がります。

 

 

 

SDGsのような世界規模で展開されている
行動目標に対する意識を高揚させる

シンボルにすることもできますね!

 

 

 

 

 

 

笑顔でみんなと手を取り合う

棒人間を描くだけでも

 

あなたは一人ではない

って事が実感できたり、

 

みんなのために、何をすべきか?

どんなメッセージを発信して行くのか?

 

なんてこともより具体的に

イメージできるようになるはずです。

 

 

 

 

 

そんな世界を繋ぐ

『棒人間』の描き方講座

 

 

ぜひ遊びに来てください^^

 

 

絵心なくても大丈夫!誰でも描ける超簡単イラスト「棒人間の描き方」<初級編>
シンプルにいろんな表現ができる「棒人間」イラスト意外とその描き方の基本を知っている方は少ない。棒人間の“描き方”を学ぶことで
あなたの表現力・創造力が広がり… powered by Peatix : More than a ticket.
「棒人間の描き方」講座<中級編>
さらに広がる棒人間の世界!「型」を応用して新しい表現力を手に入れよう!簡単な線と形の組み合わせを覚えるだけで、だれでも描けてしまう「棒人間」

 大好評いただきました「初級編」を受… powered by Peatix : More than a ticket.

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

この記事へのコメント

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss