イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

サクッと描くイラストのポイントは「〇〇」こと

LINEで送る
Pocket

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

 

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

 

 

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

 「ササっと描けない・・・」一番の原因

 

毎日

 

 

 

会話や説明の中で

“サクサクッ”と

絵が描けたら良いな~

 

 

 

と思いながらも、

 

 

 

いざその場を前にしても

手が動かせず、

 

いつも自分の伝え方に

もどかしさを感じ続けている

 

 

・・・なんていう方、

 

 

いらっしゃるんじゃ

ないでしょうか?

 

 

 

 

描いてみたい気持ちはあるのに

中々、そのために

鉛筆やペンを持つことが出来ない・・・たらーっ (汗)

 

 

伝えるためのササっと描きの

絵なんだけど、

 

描き方に対して苦手意識が

拭えない方の多くは

 

共通した「意識の壁」

があります。

 

 

 

 

それは、

 

完璧に描こうと

していること

 

 

です。

 

 

「描けない」「苦手だ」という

人の殆どの方は

 

意識的にも無意識的にも

「完璧に描かなければならない」

という思い込みがはたらき

 

 

手が止まっています。

 

 

 

自分たちの目の前に広がる

「見える世界」は複雑で情報過多です。

 

そんな中で、

人物やモノ、様々な事象を

一度にインプットして

そして一気に

全部を描こうと臨んでしまうと

 

 

何から描いていいのか?

どこから描いていいのか?

 

 

手が付けられなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「伝えたい情報を補いたい!」

「想いを伝えたい!」

 

ということを目的とした

ふだん使いの絵を描く場合は

 

 

 

 

イラストだけで伝えねばあせあせ (飛び散る汗)

完璧なイラストを描かなければあせあせ (飛び散る汗)

 

 

なんて

考える必要はありません。

 

 

 

サクッとかくためのポイントは

 

表現したい情報や

イメージしている物から

何を「省く」かということ

 

 

 

 

人の気持ちや振る舞いを

シンプルに表現する

棒人間も

 

人の表情や動作も

現実世界でに目にしている

視覚情報から細かな部分を

とことん「省い」た絵です。

 

 

 

 

 

何を「省く」か?という視点で

ほんのちょっと意識を切り替えるだけで

 

 

伝えたい事がより明確に

表現できるようになります。

 

 

 

 

 

 

“完全じゃない”ことで受け手に刺激を与える

 

 

人間の腕脚には、

筋肉がついていて

ある程度「太さ」があるのに

 

 

棒人間ではそこは

完璧に無視していますし、

 

 

人には様々な顔の輪郭があるのに

棒人間ではみんなまん丸顔w

 

 

 

つまり絵としては

ある意味“不完全”なのです。

 

 

 

 

しかしながら

 

 

 

敢えて描かない、

目に目えてるものが

不完全であることが、

 

見る人のイメージする力を

勝手に誘発させて

 

単なる情報伝達に

心地よさや、面白さという

要素を付け加えてくれます。

 

 

 

視覚情報を活用した

コミュニケーションは

 

受け手の想像力を

自然に刺激することとで

より“伝わる”効果を高めます。

 

 

棒人間イラストや

4マス思考のアウトプットが

ユニークに伝わるのは

 

 

 

相手のイメージする力を

刺激し引き出しているからです。

 

 

 

 

 

 

自分の持ている情報から

“何を省くか”を

意識できるようになると

アウトプットの質も変わってきます。

 

 

 

 

線と形だけで

伝えたい事を表現する

イラストによる情報伝達は

 

わかりやすく伝えるための

アタマの整理にも繋がりますよ!

 

 

 

====================

 

「絵で話す技術」をお届けする

イラストプレゼンマスター講座

 

ふたたび秋の無料体験会が始まります。

 

 

https://peatix.com/event/3071686/view

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

お申込み絶賛受付中!!

 

 

 

ぜひぜひ体感してみてください!!

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss