イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

たった二本の線でさらにおもしろく!

LINEで送る
Pocket

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

 

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

 

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

6月突入!「体験講座」好評開催中!

 

6月になりました!

いよいよ今月の下旬にスタートしていく

 

イラストプレゼン・マスター講座

 

 

 

先月の中旬から1か月にわたり

無料体験会を開催中です。

 

 

 

 

 

昨日はその第6回目の開催でした。

 

 

 

これまで開催してきた

イラスト講座のリピーターさんも

 

まったく初めての方でも

 

 

2時間で

イラスト使ったプレゼンシートが

完成してしまうという

 

 

やっぱり

教え過ぎる体験会(笑)

 

 

 

<<<<<受講者さん感想>>>>>>

いつも通り、分かりやすく楽しい講座でした!
イラストGROWモデルセミナー(パワポ作り)にも活かせること 改めて、お客様(受講者)に選んでもらえるように、 このイラストで考えるGROWモデルは、 作る前に今一度自分の頭の中を整理することに 役立つと思いました。 話術が苦手な私にも、イラストで伝えていくことは強みになるだろうなと 思いました 。(今長谷昌代さま / 整理収納アドバイザー)

 

イラストの可能性の大きさに益々感動しましたし似顔絵を描くポイントも学べました。こんなに濃い内容を無料でされるなんて驚きです!今、自分を売り込む方法を探していらっしゃる方にはこんなチャンスはないです♪超おすすめです!前回の棒人間初級コースに引き続き受講させて頂いてとても濃い深い内容のあっという間の2時間でした☆楽しくてたまりません☆
朝活ノートにイラストを描けそうです!(琵琶湖の南から(参加した)あきちゃん / 聴・速読教マスターインストラクター)

 


(小林広之さま / 営業研修講師)

 

 

後半戦の参加枠も

残りわずかとなっておりますので

 

ご興味のある方は是非!!

 

イラストプレゼン・マスター講座 オンライン体験セミナー

/////////////////////////////////////////////////////////////言葉だけで伝えきれないもどかしさを解消する!「話す」… powered by Peatix : More than a ticket.

 

 

 

 ネガティブをさらにユニークに見せる技術

ネガティブな現状や感情

そういった

気持ちやニュアンスって

言葉だけだと

 

伝えきれなかったり

言葉尻によっては

過大に受け止められたり

解釈の行き違いも起きたりします。

 

 

 

共感しながらも

“重く”受け止め過ぎない技術としても

イラスト表現をお伝えしていますが。

 

 

ネガティブな情報を

イラストにすることによって

 

ユーモアを織り交ぜて共有することができ

感情にもワンクッション間に入ることで

共感が生まれやすくなります。

 

 

 

で、それは

線の組み合わせや追加によって

 

おもしろさ・ユニークさが割り増しとなり

受け手の感情の動きも

大きく変わっていきますよ!

 

 

例えば、

 

昨日の体験講座で

ご紹介した「お客様のお困り姿」

 

 

 

こうやって

 

「肩を落としてうな垂れている」

棒人間で描くと

 

いろんな人物・シチュエーションが

イメージができます。

 

汎用性はありますよね。

 

 

ただ、面白さを増すためには

もっと具体的に表現する必要があります。

 

 

 

という事で

 

今回の受講者さんの

プレゼンしたい対象者をお聞きしながら

 

棒人間を具体的なキャラクターに

変えていきました。

 

 

 

 

線の追加で女性っぽくなります。

 

 

 

 

さらに対象者の具体的な

状況を描いていくと

 

 

「自分らしさや、生きがいが見つからず

悩んでいる40代50代女性」

 

 

という対象者像が浮かんできます。

 

 

ココからは少し想像力を

働かせることになるのですが

 

 

「自分らしさや、生き甲斐が見つからない」

という事は

 

 

「日々の何かに追われて自分を見失っている」

 

とか

 

「何かに束縛されている」

 

なんていう言葉に

置き換えられていけそうですが・・・

 

 

 

言葉にすると、ホント、、、、

 

重いですねたらーっ (汗)たらーっ (汗)たらーっ (汗)たらーっ (汗)たらーっ (汗)

 

 

 

文字にするだけでも

しんどくなりそうです^^;

 

 

 

 

このニュアンスを

2本の線を加えることで

具体的に表現します

 

 

 

 

 

こんだけ。

 

 

髪の毛が2本飛び出てるだけで

 

自分を大切にできていない感じや

日常に疲れてる感じ

 

出てませんか?

 

画面ごしに受講者さんの

思わず漏れた声が届きます。

すごいな!
線を2本入れるだけで
そんなんなっちゃうんだ!!

講座の中では

 

 

プレゼンの要素の一つ

対象者の「悩み」を

イラスト化していく

過程だったのですが

 

 

この2本描いた瞬間、

 

 

みなさん
思わず大笑い。

 

 

これって

プレゼンやコミュニケーションで

とっても大事な事だと考えています。

 

 

ネガティブをネガティブに

伝えるのではなく

 

ネガティブいかにポジティブに

伝えていくか?

 

 

言葉だけだと

重くなっちゃうことも

 

イラストを使うと

 

そこには特段の話術の有無や

個人の性格に関わらず

 

 

線の描き足し方を

知っているだけで

 

 

笑顔と共感の渦を

巻き起こすことができます。

 

 

描ける人は

実は何気にやってる事なんだけど

 

これを意図してやることで

メチャメチャ有効な

アウトプットそして活用できます。

 

 

 

そんな

 

線と形の組み合わせで

誰でも描けるイラストを使って

 

 

自分の伝えたいメッセージを

届けるノウハウが

 

棒人間たちには仕掛けられています^^

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss