イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

「誤解」や「議論のズレ」を生む3つの壁

LINEで送る
Pocket

 

 

 

なんで分かってくれない・・・

 

 

職場や日常生活の

コミュニケーションにおいて

 

 

相手の事を想って

一生懸命話をしているのに

 

理解してもらえなかったり

誤解されたり

 

思うように伝えられないという

不都合は誰にでも起こります。

 

 

 

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

 

人は、話し言葉だけでは伝わらない。

 

人は、論理や理屈だけでは共感されない。

 

人は、情熱だけでは人は動かない。

 

 

僕は常に

“この不都合な事実”を

 

前提にしたアウトプットこそが

伝わりやすさへの道だと考えており、

 

その不都合を話術や文章力に頼らずに

解消する術を常に追究しています。

 

 

なので

 

「話せばわかる」「言ったら伝わる」だけでは

 

伝える側の傲慢

 

とさえ想っています。

 

 

 

 

 相手との間に立ち塞がる3つの壁

 

 

 

 

すっごいイイことや

ためになることを

伝えてるはずなのに・・・

 

思いの丈をぶちまけて

がんばって言葉を届けてるのに・・・

 

 

 

 

 

伝わらない。
解ってもらえない。

 

 

挙句の果てには

 

 

聞き取り違いや

受け取り違いが起こってしまい

 

相手が誤解するだけじゃなく

 

時には不信感、

もしかすると嫌悪感を

 

与えてしまうことも起こります

 

 

 

受け取る側だけじゃなく

発信する側も

 

 

 

どうして

わからないんだよ!!

 

 

 

相手に対して憤ったり、、、

自分自身の不甲斐なさに落ち込んだり・・・

 

 

 

モノ事の大小に関わらず

もどかしく感じるときは

あるんじゃないでしょうか?

 

 

 

人に伝えるって

ほんと難しいですよね。

 

 

 

 

ただこの「伝わらない問題」は

 

自分の話し方の得意・不得意といった

人間力や話術や文章力でみるのではなく

 

 

 

相手との間に立ちはだかる

目には見えない

 

3つの壁

 

に目を向けることが

ポイントとなります。

 

 

 

伝わっているか、

伝わっていないかを

大きく左右する

 

 

相手との間に存在する

3つの壁とは

 

知識の壁

 

納得の壁

 

共感の壁

 

を言います。

 

 

 

この壁を一つ一つ取り除くことで

「わかってもらう」「相手に響く」

伝え方が実現します。

 

 

 

 

 

3つの壁を取り除く方法とは?

 

① 知識の壁

 

 

自分が持ち合わせている知識と

相手が持っている知識や情報

 

との間に「理解度のギャップ」が

あることは常に心得て、伝える必要があります。

 

 

専門用語や業界用語など

自分がふだんから

当たり前に使っている言葉が、

 

相手にとっては

全く馴染みがなくて

入ってこなくなる・・・

 

なんてことはよくありますし

 

 

自分がふだんから使っている言葉も

相手にとっては聴き慣れないものだと

まったく入って来ません。

 

 

普段から使っている

言葉の意味や考え方を深く理解し

 

自分なりに定義づけながら

“相手にわかる言葉で言い換える“
ことは大切です。

 

 

 

意外と深く知らないまま使っていたり

腹落ちしていない言葉を使っていると

相手には刺さりません。

 

 

 

更には

 

 

伝えたい内容の柱となるキーワードや

印象付けたい「言葉」は

 

視覚情報にして伝えることで

相手の理解を促す配慮になるので

 

 

伝える側の

丁寧に伝えようとする姿勢が

受け手にも伝わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② 納得の壁

 

 

いくら良い話でも、

ふわっとしていて抽象的すぎたり

 

自分の伝える内容に

「根拠」がなければ

相手は納得しません。

 

 

「数字」で語れる

データや実証結果

 

その話の内容に具体的な

事例やエピソードを

 

伝えることで

メッセージに信憑性が生まれ

 

相手は聞く姿勢はどんどん

前向きになります。

 

 

 

 

実は

「話の上手い人」っていうのも

この具体的なエピソードの

ネタが豊富なんですよね。

 

 

自分のメッセーには

どんな根拠があるのか

常に用意していく事も

「わかりやすさ」の土台となります。

 

 

 

ただ、

 

「根拠」や「論理的」に偏り過ぎると

 

受け手には「冷たい印象」を与えたり

「言ってる事は正しいけど、なんか嫌!」

なんて言われたりします。

 

 

 

 

 

 

だから相手の感情にも

配慮する必要があります。

 

 

そういう意味で

「筋が通る」伝え方という考え方が

最近のおススメです。

 

 

“日本的”伝え方の極意「筋を通す。」

 

 

 

③ 共感の壁

 

 

どんなに良い話でも

どんなに根拠を並べても

 

 

相手との間に

良好な関係性ができていなければ

 

何を話しても相手には届きません。

 

 

コチラは言葉を尽くして

話をしているんだけど、

 

相手から

「言ってることは分かるんですけど・・・」

 

 

といわれて、

行動してもらえない。

 

なんてことが起こるのは

 

 

 

そこに共感がない
ということが大きな原因です。

 

 

 

 

 

 

共感を生むためには

 

相手の不安や悩みに寄り添う

姿勢であったり

 

 

聞き手が

「この人の話なら大丈夫だ」

と安心してもらえる

自己紹介や自己開示

 

 

そして

 

 

場を和ませる工夫

 

 

が共感づくりには不可欠です。

 

 

自己紹介も視覚情報で伝えたり

イラストある事で場が和んだり

 

「描く」ことは場を和ませ

共感を生むきっかけを

たくさん生みだすことができます。

 

 

 

 

「伝わらない」「誤解されてしまう」

もどかしさを解消するためには

 

 

 

発信する側と

受け取る側との間に

立ちはだかる

 

「壁」を知り

 

 

 

それを取り除き
相手の

「知識を得る状態」

「納得する状態」

「共感する状態」を整える

 

 

 

相手目線っの場づくりが

必要になりなります。

 

 

 

 

 

 

 

イラストや絵を描くことは

 

個々の人間力や話術だけに

頼ることなく

 

3つの壁をクリアしていく

 

場をつくる

強力なサポートツールに
なっていくのはもちろんですが

 

 

その先には

 

常に

相手に対して

配慮できる技術

 

が培われていくはずです。

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss