イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

報道だけじゃ分からない!ウクライナ情勢のお話

LINEで送る
Pocket

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

 

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

 

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

久しぶりに講師の方を

お招きしてセミナー主催しました。

 

 

 

 

 

どーなってるの?ウクライナ

 

この1週間も

連日トップニュースとして

報道されるウクライナ情勢

 

 

 

 

停戦交渉も行われながらも

解決の兆しが見えず

 

 

戦火に巻き込まれる

現地の人々の様子に

胸を痛めながら

 

 

本当に「どーなってるの?」

「どーなっちゃうの?」

 

 

って疑問や不安が

募るばかりですよね。

 

 

ちょっとでもみんなで

関心を持つ機会になればと

 

 

先日の似顔絵塾では

 

 

 

ウクライナ情勢に関わる

各国のリーダーをモデルにして

 

 

 

似顔絵を通じて間接的に

みんなの話題にしてみました。

 

似顔絵は今を写す鏡

 

 

 

そして、

さらに深く知り、考える機会が

あってもいいんじゃないかと、

 

 

 

昨日(3月5日)は直球勝負で

 

 

 

 

報道だけではよくわからない

ウクライナ情勢についての

 

セミナー&勉強会を

開催させていただきました。

 

 

 

元防衛省分析官とみんなで一緒に考えてみよう!!

 

 

といっても

僕自身は

 

 

国際情勢については

まったくもって門外漢なのであせあせ (飛び散る汗)

 

 

 

 

 

講師仲間として

3年前からご縁をいただき
共に学ばせてもらっている

樋口啓祐先生をお招きして

こんな↓勉強会を企画し開催しました。

 

 

 

 

 

この企画、

思いついたのが2月25日の朝

 

 

 

ロシア軍がウクライナに侵攻したのは

2月24日なので

 

衝撃のニュースが飛び込んできた

翌日に、樋口先生に

勉強会の打診をさせていただき

速攻で進めました。

 

 

 

 

樋口先生は、

元防衛省の情報分析官として

20年のキャリアを持ち

 

昨年、防衛省を退官をされ

 

「情報分析」の専門家として

大学等で教鞭をとられています。

 

 

先月にはは、専門書
『インテリジェンス用語事典』(並木書房刊)
を出版され

ご活躍の幅を広げられていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

フェイクニュースや情報統制

偏見や偏重により

他者フィルターがいくつもかかった

情報が飛び交う中で

 

 

この今の状況・・・・

 

ちょっと前まで、

国際情勢のど真ん中にいらっしゃった

専門家はどう捉えているのか?

 

 

 

 

せっかくのご縁なので

 

 

聴いてみたく

なりますよね?

 

 

 

 

 

 

ということで

 

 

 

樋口先生も「インテリジェンス」を

もっと日本に広めたい!
という想いもお持ちなので

快諾いただき

 

まさに水面下の電撃作戦での

緊急企画が実現しました。

 

 

 

 

 

わずか1週間ほどの

参加募集でしたが・・・

 

 

 

 

あっというまに
30名の定員は満席!!!

 

 

しかも驚いたのが

 

 

募集は短期間だったので

基本的には知人に

声を掛けただけの集客でしたが

 

 

参加者の1/3の方は

「検索」やPeatixの案内で

このイベントをキャッチして

参加してくださり

正直、驚きました。

 

 

 

 

純粋にまず「自分が聴きたい!」

という事が起点になった企画でしたが

 

 

 

皆さんにとても

やっぱりタイムリーで

関心の高い話題だという事を
体感させていただき

嬉しかったですね。

世界秩序を揺るがす大事件の
背景や経過、

そしてこれから・・・

こういったライブの場でしか
聞けない貴重なお話を伺いながら

真意を見抜く情報分析の
ポイントについても

みんなで考える時間となりました。

 

多くの方と共に学べて

一緒に考える事ができて

 

濃厚な時間を

過ごさせていただきました。

 

 

 

ご参加いただきました皆様

ありがとうございました!!

 

 

 

(※スライド画像はイメージです)

 

 

専門家による専門の話というのは

ともすると、

専門用語や言い回しが多くて

さらに難解になる傾向がありますが、

 

 

 

樋口先生のお話は

丁寧な自己紹介から入り、

聴く人に安心感を与え

 

本題では
専門的な視点でありながらも

参加者に分かりやすい言葉選び、

見やすいスライドによって

 

まるでNHKのニュース解説を

聞いているかのようなお話でした。

 

 

 

主催して一つ感じたのは

 

 

専門家のお話を聞く

という趣旨ではありましたが

 

参加者さんから出てくる

「質問」も一人一人ユニークで

 

 

へー--!そんな風に疑問に思ったり!考えたことなかった?!

っていう気づきもあり、

 

その中の出来事や事件に対して

 

 

マスコミ情報だけじゃなく

周りの人たちは

ホントのところどう考えているのか?

 

という事を共有し合うだけでも

姿勢や心構えが変わってきますね。

 

「学び」を通して
人と人が集う、繋がるというのは

深いし、楽しいですねうれしい顔

 

 

早くも今回のご参加者の中から

「教えてひぐちさん」シリーズの第二弾の

ご要望もいただいてるので
定期的に開催していくかもしれません^^

イラスト講座と合わせて

セミナー主催者としても

いろんな学び集う機会を

 

広げていきたいと思います^^

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss