イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

一方的な評価の言葉に囚われず、実相を見極める姿勢を

ブログ

LINEで送る
Pocket

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

 

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

 

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 緊迫のアフガン情勢・・・?!

日本が終戦の日を迎えた日、

 

遠く西アジアの

アフガニスタンでは

歴史を大きく揺るがす

衝撃のニュースが起こりました。

 

 

 

アフガニスタンの

反政府武装勢力タリバンが

首都カブールを制圧し政権を掌握

 

9.11同時多発テロ以降

20年にわたって介入してきた

アメリカ軍の8月末撤退を

待たずしての速攻制圧と

 

 

アメリカをはじめとする

各国のこの20年にわたる

軍事介入はいったい何だったのか?

 

と思わずにはいられません。

 

 

 

首都カブールは一時パニックに陥り

空港には国外脱出をはかろうとする

人々が押しかけ

 

滑走路では米軍の航空機を追いかけ

飛び乗ろうとする人もいたんだどか。

 

 

BBCニュースより

 

 

うわーーーー!
ほんと大混乱にみえますね。

 

 

 

まるで映画『ワールドウォーZ』

ブランド・ピットが脱出するシーンを

彷彿とさせる光景です。

 

 

 

 

 

だけど、

 

 

 

 

この映像の次の瞬間、

 

 

 

 

え?!( ̄▽ ̄;)

 

 

カメラに向かって手振ってる?

しかも、かなり笑顔です・・・・

 

 

テロップとのギャップ過ぎて

何度見したことか・・・

 

 

 

よくよく映像を見ると

他にも笑って走ってる人も

結構、観えるんですよね。。。

 

 

タリバン関係者?支援者?

 

 

 

 

 

これは一体どういうことでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

表面的なニュースだけ見ると

(すごい乱暴な言い方をすると)

 

「悪の組織」が

民主政権を倒して

国を乗っ取った!!

 

 

みたいに受け止めてしまいますよね。

 

 

たしかに

人権侵害やテロの温床として

国際的に批判を受けている

部分もありますが、

 

 

これは欧米的な

評価によるところも大きいです。

 

 

 

二年前、アフガニスタンの現地にて
凶弾に倒れた中村哲医師

 

 

アフガニスタンで長年

人道支援に取り組んできた中で

タリバンに対して

こんなことを語っておられます。

タリバンは訳が分からない狂信的集団のように言われますが、我々がアフガン国内に入ってみると全然違う。恐怖政治も言論統制もしていない。


出展はコチラ↓

故・中村哲医師が語ったアフガン「恐怖政治は虚、真の支援を」:日経ビジネス電子版

 

欧米の評価に疑問を投げかけています。

 

 

「反政府」「武装勢力」という言葉自体が

なんか「=悪い人」イメージの刷り込みもあるけど

 

 

 

20年も外国の支援を受けながら

自立できなかった(させてもらえなかった?)

「民主政権」っていうのもどうなのか?

政府関係者の腐敗も著しかったといいます。

 

さらには、

 

欧米の支援を受けていたアフガン政府軍と

タリバンの戦力差は

公称で30万 VS 6万といわれるなかで

 

5分の1の兵力のタリバンが

装備も上回るアフガン政府軍に対して

スピード制圧を実現できたのは

 

 

「武力」だけで勝利しているとはいえず

 

 

 

20年にもおよぶ欧米の介入や

それにおんぶにだっこの政府を

見限った人々も多く

 

そういう民意も柔軟に味方につけてる

からだとも言われています。

 

 

国際社会は

“武力”で復権を果たした

タリバン政権を承認するか否かを

問われることにはなるのですが

 

 

真意や人権に対する姿勢や

今後の施策を見極めながら

 

各国の正義や価値観の押し付けではなく

平和共存のための「対話」を

続けて欲しいと願います。

 

 

 

僕たちも一部の「言葉」に

囚われて価値観の押し付けや

一方的な評価のみに陥らないように

 

いろんな角度で物事を見極め

自分のアタマで考えるという事が

これからの益々求められる

大人の思考じゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss