イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

スケッチブックと棒人間

LINEで送る
Pocket

 

 

週末にダイソーさんで見つけた

スケッチブックのブログ記事

 

 

ダイソーで買える!マルマン製のB4スケッチブック

 

 

マニアックな記事ながらw

思ってた以上に、反響をいただき

 

多くの方に読んていただいております^^

ありがとうございます。

 

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

目指すは

 

「ふだん使いのスケッチブック」

 

 

スケッチブックって

ただ絵を描くだけのもではなく、

 

プレゼンテーションや

ファシリテーションのツールとして

活用ができます!

 

 

 

みんなが当たり前のように

スケッチブックを

お仕事や日常生活の中で

活用していただけるよう

 

 

今日は棒人間たちに

スケッチブックを使った

パフォーマンスをしてもらいました!

 

 

 

 

 スケッチブックを操る棒人間

 

 

① 基本姿勢

 

まずは基本姿勢。

 

スケッチブックを顔の横で掲げる仕草ですが

腕の長さのバランスを考えると

スケッチブックはやや顔にカブるように

描くと自然な姿勢になります。

 

 

 

 

 

 

② 寄せる(近づける)

 

 

 

スケッチブックを観る人に向けて

近づけるアクション

 

この棒人間自体は

メッセージを強調したり

注目を誘うイラストとしても

使えますね!

 

 

 

 

③ 引き(遠ざける)

 

「寄せ」たら「引く」

そうすると、相手の視線は奥の方に

誘導されます。

 

 

奥行きをみせるために

スケッチブックは小さくして

顔の後ろにあるように描きます。

 

 

リアルなお話で

この「引き」の動作ですが

スケッチブックを使った

プレゼンって平面だけじゃなく

観る人の視線を立体的に

動かすことができるので

 

プレゼンに取り入れると

いろんな方法で

 

相手を飽きさせないようにしたり、

場を楽しませることができるようになりますよ。

 

 

 

 

 

④ 指差し

 

指差しも視線誘導に効果的です。

 

この棒人間を描くときは

 

ヘタに肘を曲げずに、

腕は直線で描くのがポイントです。

 

 

その方が動作の勢いも出て

相手の視線は、

思わず指先に向いちゃいますよ!

 

 

 

 

 

⑤ めくる

 

指差しの動作の時は

スケッチブックは顔より後ろですが

 

めくる動作の時は

スケッチブックは顔の前に

配置することで

自然な感じに仕上がりました

 

 

 

 

 

⑥ 隠す

 

「見せない」ということが

プレゼンテクニックだと捉えると

伝え方には緩急をつけやすくなります。

 

 

 

 

今回は棒人間にスケッチブックを持たせましたが

 

「リングを描くのがめんどくさい!」

 

という方は、

無理して描く必要はありませんので

普通に四角いボードを持たせるだけでも
無問題です!

 

 

ちなみに、以前のブログでは

棒人間にプリップボード持たせてましたw

 

フリップボードを持つ棒人間の描き方

 

 

今日は、棒人間の描き方と

スケッチブックのプレゼンスキル

話がごっちゃになってましたがw

 

 

 

純粋に棒人間を描くのも良し!

リアルに見せ方の参考にしていただいても良し!

どちらにも参考にしてくださいw

 

 

 

 

友だち追加
★登録特典★
『棒人間の描き方動画<7選>』

 プレゼントぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

        

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

この記事へのコメント

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss