イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

1コマのイラストで、一発で伝える技術

LINEで送る
Pocket

 

 

絵があると

一発で伝わって

イイよね!

 

 

 

こんなイメージを

持っている方

多いんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

 

 

 

 

でも、同時に

 

実際にイラストを

取り込んでみたものの、、、

 

張り切って自分で

描いてみたものの、、、

 

 

 

思ってたんと違う・・・

 

意外と分かりにくい・・・

 

 

 

なんていう現状に直面してる方も

多いと思います。

 

 

 

 

 

そして、

 

多くの人は

 

 

自分は絵が下手だから・・・

上手く伝わらないんだ・・・たらーっ (汗)

 

 

と、テクニックやスキルに

原因があると考えがちですが、

 

 

 

実はもっと大事なことがあって

 

 

その絵やイラストで

 

本当は何を伝えたいのかが

はっきりしていない状態が

 

 

 

描けない、わかりにくい

原因となっているんだと

 

僕は考えています。

 

 

 

 

 

 1枚じゃなく1コマで見せる!

 

 

イラストプレゼンマスター講座では

 

受講生さんのお仕事や

伝えたい内容に応じた

 

イラストプレゼンの

個別レッスンも行っています。

 

 

 

そんな中でいただいたご相談。

 

 

棒人間で親子関係のあるあるイラストを
描こうと思ってたんですが、

親と子の関係性や時間軸がぐちゃぐちゃになって
なんだか分かりにくなっちゃいました。

どうやったら1枚で見せられるんですか?

 

 

という事だったので

 

まずは、その方が描いた

イラストをみせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

子どもが歩いている先に

穴があって、お母さんが駆けつけて

下から穴を塞いで

子どもを渡らせているイラスト。

 

 

棒人間を使った

ユニークな表現に

チャレンジしてくれてて

これはコレで嬉しいのですが、

 

 

 

本に曰く

 

 

一枚でスッキリ見せたい。

 

 

とのこと。

 

 

 

確かにこのままだと

言葉での説明が必要ですし

 

 

お話をスケッチブック1ページに

まとめようとされつつも

絵自体の情報も多すぎるので

 

観た人に疑問を与えたり

考えさせてしまう

時間ができてしまいます。

 

 

 

「一発で伝わる」

 

 

というにはちょっと厳しいかもです。

 

 

 

 

 

確かに、イラストプレゼンでは

4コマシートを使った

順をおって伝えていく見せ方もあり

 

受講者さんのほとんどのは

コレを参考にしてくださってます。

 

 

 

ご相談いただいたお話も

4コマ漫画や紙芝居風に

みせる方法もありますが、

 

 

 

 

今日お話する

 

「一発で伝わる」というのは

 

どちらかというと

「1枚で見せる」ではなく

 

 

1コマで

一発で見せる

 

 

という考え方で

お伝えしたいとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 1コマ一発で見せるための考え方

 

 

 

先ほどの受講者さんの

イラストについて改めて

言語化してもらいました。

 

 

 子どもが歩いてる。

 

それに対してお母さんが
穴がある事に気付いて
「あ!危ない!!」ってハッ!するんです。

 

それでビックリして、
一生懸命先回りして走って行って、
子どもが落ちないように
自分が穴の下から支えてる・・・

 

だけど、
子どもはサポートしている事に
全く気付いてなく
全部“自分で自力でできてる”と
勘違いをしてしまてる状況を

 

親自らが自分の身体や時間をつかって、
手をかけすぎてしまう事で、
子どもの自力をつける機会をうばってしまってる、

 

時には穴に落ちる経験、
痛みを知る経験も必要だよ

 

って事が伝えたいんです。

 

このお話は、

人によってどこを切り取るか?

という事もありますが、

 

 

僕は一言でこのお話を

絵にしようとしたときには

 

 

「いつもつい体張って

 お膳立てしてしまう親と

 それに全く気づかない子ども」

 

 

という関係性が

話の背骨になると考えました。

 

 

なので、

 

 

「ハッと気づく」

「先回りして走っていく」

というような場面は

 

省いていく事ができ

 

それだけでも

スッキリとしていきます。

 

 

 

 

 

さて、みなさん

 

 

 

そうなるとこのお話は

 

 

どんな1コマで

イメージできますか・・・?

 

 

 

 

僕は、棒人間でこのように

咀嚼して表現してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり自虐的な

例えイラストになってますが

 

 

 

2人の「状態」「感情」を拾うと

こんな感じでデフォルメ

することができます。

 

 

 

 

一端は言語化してもらいましたが

いろんな情報を削ぎ落して

 

 

身体を張る親

でもそれに

気づかない子ども

 

 

という「オチ」

伝えたい事であり

 

 

1コマで見せるポイント

になります。

 

 

 

イラストに描いていなくとも

 

「オチ」中心に

前後のストーリーなんとなく

観る人にはイメージすることができ

 

せっかくの頑張りに対する

この先の報われない未来までも

想像させてしまうような

切なさも漂わせながら、

 

「過保護あるある」な

ユーモアを交えた

一コマに仕上げてみました。

 

 

 

「オチ」がはっきりしていると

 

このお話の内容は、

特に「穴」じゃなくても良くて

 

 

 

 

 

こんな風に表現しても

背骨となる同じメッセージが

伝えられます。

 

 

 

 

 

一発で伝わる

イラストの描き方でも

 

 

「結局、何を伝えたいのか?」

 

という話のオチを先に決めて、

 

オチに対してどいう
感情・表情・仕草・

アイテム要素を描き足していくか

 

面白くわかりやすく

みせるための考え方になります。

 

 

 

 

 

 

今日は、ちょっとワンランク上の

お話だったかもしれませんが

 

 

イラストプレゼンでは

こういった物事の観方考え方

についてもアプローチしているので

 

ぜひ、多くの方に

知っていただきたいです^^

 

 

 

 

 

友だち追加
★登録特典★
『棒人間の描き方動画<7選>』 プレゼントぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

この記事へのコメント

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss