イラストで伝える・見せる・考える
誰でも描けるイラスト講座

イラストはサスティナブル!「対話」の場をつくる3つのメリット!

LINEで送る
Pocket

 

価値や想いを
言葉だけで伝えきれない
もどかしさに悩んでいる人を救う。

 

「話す」「書く」だけじゃなく
「えがく」を加えた
伝える技術の新常識をつくる。

 

 

イラストプレゼン講師
かわしりみつはるです。

 

 

 

イラストを使えば持続可能な対話の場が創れる!

今さらという感じもしますが

企業様や団体様にうかがうと

 

SDGsのロゴを掲げているところが

本当に多くなってきましたね。

 

 

 

 

先日「アイデア創発研修」でお伺いした

企業様でも積極的に
SDGs取り組みをされておられたので

 

思いっきり絡めて

お話を進めさせてもらいました。

 

 

ホワイトボードのロゴは

僕が準備したものではなく

元々から貼ってあったものです^^

 

 

 

 

 

ただ、

 

企業研修に入ったときの

空気感がそうなのですがw

 

積極的に導入したい側と

 

業務の合間を縫って

参加する(させられている)側との

意識や主体性のギャップがあるように

 

 

SDGsや社内改善など

 

会社が“善意を持って”目指すところと

日常業務や現状に直面する社員さんの意識には

 

ズレや乖離があったりするものです

 

 

 

 

 

そのズレやギャップを埋める

小さなきっかけが

 

 

イラストを使ったアウトプットであり

フィードバックであり

 

イラストを介した対話や

コミュニケーションが

大きな役割を果たすと考えています。

 

 

 

 

 

 

実際にこちらの企業さんでも

研修のはじめと終わりでは

かなり空気感が変わり

 

活発な意見交換・対話の場が生まれました!

 

 

 

<<<<<参加者様の感想>>>>>>>>

 

 

持続可能な新しい職場や

社会を創っていこうとするなら

 

そこに関わる人が

全員参加で、全員が意見を言うことができ
全員がその意見に耳を傾ける

「対話」場づくりが必要となります。

 

 

そうすることで、

 

一過性のイベントで終わることなく

常に、自ら考え・対話していこうとする

文化が芽生えてくるはずです。

 

 

 

 イラストを使った「対話」の場づくり3つのメリット

ちょっとした

話し合いだとしても

 

 

イラストを描き加えながら

アウトプットしていく

活用するメリットは

 

大きく 3つ あります。

 

 

 

■発言や情報が定着する。

 

アイデアや意見を

言葉とイラストで紙に描き出すことは、

 

 

言葉やイメージが流れてしまわず、

参加者そのまま視覚情報として

参加者の理解補助を促します。

 

 

つまりイメージや言葉が

受け手に残り続け定着し

さらに話を発展させていくことができる

持続可能な伝達手段なのです。

 

 

また全ての情報や対話の全体像も

共有しやすくなり、

 

参加者の合意も形成しやすくなります。

 

 

 

 

 

■話し合いに動きが出る。

 

話しながら、考えながら

描いたり、見せたり、描き加えたり

 

「描く」が入るだけで、手や体は動き

自然と場の空気に動きが出てきます。

 

 

「話し合う」という中に

「見せあう」という行為が加わることで

双方向の視覚コミュニケーションも成立します。

 

ブレインストーミングでは
平等な発言の機会が生まれ

 

ミーティングでは意見交換に
躍動感が生まれます。

 

 

 

 

 

■場の一体感が生まれる。

 

一般的に多い「配布資料」を

見ながら話し合うというスタイルは、

 

参加者の視線と意識が

手元の資料に向かってしまうため、

 

無意識的に話し合いの

積極参加を妨げる要因になってしまいます。

 

 

描いたものを活用し

見せながらの話し合いは、

参加者全員の視線が一転に集中し、

 

全員が同じ方向を見ながら

話を聞き、考えるため、

 

 

自然と一体感をつくることができます。

 

 

 

“参加者全員が同じ方向を見ている”というのは

ゴールや目標への意識づけや共有には必須ですね!!

 

まさに「パートナーシップで目標を達成しよう!」という状態です^^

 

 

 

文字や言葉だけでなく、

絵やイラストを加えていただくと

場が和みさらに一体感効果も倍増です。

 

時代の変化に対して
革新や変革が求められ行く中

一人ではゴールには向かえないですし、

関わる人を取り残しては
真のゴールとはいえません。

 

 

参加する人が主体的に動く

イラストコミュニケーションの

すごい仕掛け!

オンラインでも絶賛お伝えしていますので

イラストプレゼン・マスター講座 オンライン体験セミナー

/////////////////////////////////////////////////////////////言葉だけで伝えきれないもどかしさを解消する!「話す」… powered by Peatix : More than a ticket.

関わる人との空気をガラッと変えたいとお考えの

経営者さん、リーダークラスの皆さんの

ご参加なんかもお待ちしています^^

 

 

 

 

オンライン講座情報はコチラから↓↓↓

(★画像をクリックすると案内ページに飛びます)

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

アートディレクター&イラスト思考®講師
河尻 光晴 (かわしりみつはる)
住所 愛知県名古屋市
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

           

イラストプレゼン講師

                                               
名前河尻 光晴
住まい愛知県
出身岐阜県

Profile

教育出版社の商品開発を経て、 中小企業のマーケティングやブランディングのツール企画制作に携わる。
担当したクライアントは述べ600社以上。

ライフワークとして似顔絵師としても活動しており、2015年からイラストの技法を使った研修やセミナーを開始。
講師活動と共に、教材開発・コンテンツ開発も行っている。

もっと見る

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss